« Mangia Prega Ama | トップページ | デジハリッ »

2010/10/04

ひどいかおっ

ちょっと前から、歌を歌うとなんとなくおかしいなと思ってて
土曜に最後の歌入れをしてたら音程がめちゃくちゃブレて、声が枯れて…
いくら歌ってもこんな風にはなったことないし
もしかしたら声帯にポリープとか結節とかできたかも。。とかなり焦って
歌うのはもちろん、しゃべるのも極力控えて
(こういうときは声を出さないのがいちばんいい)
かかりつけの耳鼻咽喉科の先生に診てもらいにいきました。
声楽をやっていたときに一度結節できたことがあって、
声帯の診察はしたこともあるので、検査をするのはめちゃくちゃ嫌でした…

声帯の診察って、のどの奥の方に内視鏡を入れるんだけど
あたしは歯ブラシがちょっと奥の方にいくだけで吐き気がしてしまうようなタイプ。
奥の方に麻酔を噴霧されてしびれててもダメなのね…
初めてやったときは有名歌手も多数通う、中村橋の萩野耳鼻咽喉科でしたが
何度やっても吐き気がして時間がかかって診察にならなくて、
怒られつつ、待っている人がたくさんいるから、と一番最後にまわされて(涙)
で、最終的には鼻からファイバースコープで、という形に。
鼻からファイバースコープでもめっちゃくちゃ痛いし、
のどの奥でファイバースコープがブラブラしてるのわかるからツライ。
でも診てもらわないと自分では絶対に状態が見れないところだしね。。

今回は麻酔を噴霧された時点でもう吐き気…
(麻酔でしびれること自体がもう気持ちが悪くなってしまう。。)
それに気づいた先生は、
「あ、だめかな?鼻からやろうかー?無理にのどからやってもツライしねー!」
って言ってくれて、鼻からやることに。よかった…
…とは言っても鼻からだって拷問(涙)
まず麻酔を鼻の奥にやるのがイタイ。(それの麻酔をしてくれよ、とか思うw)
めちゃ長い針金つきの綿棒みたいなのを両鼻にさしこまれるわけよ。
さしこまれてしばらく待つ。

Cocolog_oekaki_2010_10_04_21_25

↑この状態で
看護師さん3人ぐらいに見られるのって。
…とってもイヤじゃない??w
鼻にさされて鼻水はだらだら、涙ぼろぼろの状態で…
ぜったい誰にも見られたくない姿よ?w
(え?絵がひどい??)
なんでこんなに長い棒である必要があるのだろうか…w

そしてファイバースコープ。イタイ。麻酔してても痛いーw
ファイバースコープがのどの方までたどり着いたところで、
ブラブラしてる感を感じながら先生の歌う音程を真似して「エ〜」と声を出す。
それもときどき吐きそうになる…
ファイバースコープを抜く時もイタイ。ぐふッ!(;-ω-)
泣きたくないのに涙がぼろぼろ。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
あーまじで拷問。
で、録ったビデオを見る。「うん、大丈夫だねー、声帯は。」
たぶん秋の花粉アレルギーと風邪、前日にやむを得ず喫煙席に長時間いて我慢していたこと、
そのようなことが重なったことが原因じゃないか、と。
おかしくなった日の朝、のどがイガイガして痛かったんだ。
タバコの環境に長時間いた次の日はいつもこんな風に痛くなる。
(自分に良くないのはわかっているんだけど、しかたがない時もある…)

とりあえずホッとした…orz
声帯がどうにかなってたりしたらライブも中止するしかないかもって思ったから…

鼻の奥につける薬で、ちょっとしみるけど効く人もいるからやる?と言われて
もうここまで来たらやる!としかいえなくて(笑)やってもらった。
それがさ。"ちょっとしみる"どころじゃない。
脳をつきぬけるかとおもうほどの痛さ。
先生の片足が診察台のあたしの両足の間に入ってたから
あまりの痛さに先生の足を両足でギューーーーーーーッッ!!と挟み込んでしまいました(爆)
だからーーー、看護師さんたち、見ないでってばーーーw
そして鼻がだらだら出たまま(キタナくてすみませんw)吸入を二種類。

それから痛みは夕方まで続くのでした…(lll゚Д゚)
ほんと、この検査はもう勘弁っ!!orz

でも、ここは本当に良い先生です。
この先生のところに来ている歌手も多いよう。
「いきものがかり」の歌の方のサインとかも置いてあったよ。
ありがたいことにここの耳鼻咽喉科はうちから車で5分ほどのところにあります。
以前メニエールになったときにもとても良く診てくれたの。
話もよく聞いてくれるし、しっかり診てくれるのでおすすめ。混んでるけどね…
「はぎの耳鼻咽喉科」
http://www.haginojibika.com/

なんとこの先生。
私が一番最初に声帯を診てもらった中村橋の萩野耳鼻咽喉科の先生の息子さん。なのでした。
最初は知らずに、同じ「はぎの」だなーと思ってたぐらいなんだけど、なんという偶然。
息子さんのほうが…やさしい(笑)

とりあえずしばらくは声をなるべく出さず、おとなしくしていようと思います。
ホントはおとなしくしてる場合じゃないけど…無理に出すと長引くしね。
だまっているってけっこうむずかしい…よね。
普段、くだらないことをいっぱいしゃべっているということがよーくわかりました(笑)

|

« Mangia Prega Ama | トップページ | デジハリッ »

コメント

余りに絵が本人そっくりなので感心したぜ。(大笑

本人には辛い1日だったけど、読む方は笑かせてもらいました。
ともあれお大事に。急がば回れだからね。

投稿: 井 | 2010/10/05 07:14

これ、ここのココログblogのおえかき機能なんだけどさ、
以前2回ほど使っただけでずっと使ってなかったのね。
久しぶりにやったらレイヤーとか切り替えられるようになってて超えらそうになってたw
それをmacのトラックパッド使って指で書いたので
めちゃくちゃ難しかったんですけどー!
似ててよかった(髪型以外)

楽しんでもらえてよかったw ありがとうっ!

投稿: jun | 2010/10/05 22:19

痛さはよく解る!喉に入れるとオウェ~~だし
鼻なんか物いれるものじゃなくて出すのが基本だし、
しんどいよね。体に異物をいれるのって;
でも、ごめんなさい;
あんまりステキな絵と文章だったので笑ってしまいました。
ともかくライブに影響がなさそうでよかった。
安静に♪

投稿: 鈴木邑羽 | 2010/10/12 17:11

そうだそうだ!鼻なんて出すのが基本!w
笑ってもらえてよかったー…
耐えた甲斐があった(笑)
ありがとう!

投稿: jun | 2010/10/12 22:35

あーー、なんか小一の時、中耳炎で耳鼻科行ったのを思い出します。耳と鼻って結構関連があるんで、耳のことなのにありとあらゆることを鼻からやって、痛くて痛くて、そんとき小一の俺は泣いたです。あ、泣き叫んだか。とにかく、お大事に。
 

投稿: 304 | 2010/10/13 23:33

ありがとうございます!
風邪もあってなかなか治らなくて困っていますが…
ほんと耳鼻科の診察はキツいですよねー!
大人でも泣いてしまうのに小さい時にそんな目に合あったらトラウマになりそうですね…

投稿: jun | 2010/10/14 22:14

通りすがりの声を仕事にしているものです。

おもしろかったので失礼かと思いましたが、コメントさせていただきます。

実は私も中村橋の萩野医院さんにお世話になったことがあって、のどの内視鏡を入れるときにまったく同じように、
怒られるわ、うまくできないわ、涙は出るわ、後回しにされるわで散々だったのです(笑)。
先生怖かったですよねー。
そのあとニンニク注射を打ってもらって帰りました。(診断は結節でした)。
あまりにピタリ同じ体験をなさっていらしたので、ついついコメントしてしまった次第です。
失礼しました。

今後のご活躍をお祈りしております。

投稿: さとちん | 2013/08/29 18:26

さとちんさん。
あははー!まったく同じ状況ですね(笑)
萩野先生の待合室で待っている時に、そういうのに敏感な人がいる、という記事が貼ってあったのを読んで、これって自分に当てはまりそうな気がする!とドキドキして診察してまさにそうだった、という感じでしたw
今でもなるべくやりたくない検査です…
コメントありがとうございました^^

投稿: jun | 2013/09/02 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504314/37078226

この記事へのトラックバック一覧です: ひどいかおっ:

« Mangia Prega Ama | トップページ | デジハリッ »