« 23日フィレンツェ | トップページ | 24日番外編 »

2009/10/03

24日ポルトヴェーネレ

この日は早く起きて、世界遺産にも登録されているポルトヴェーネレ方面へ。
フィレンツェからは電車でだいたい2時間ぐらい。だから日帰りもできる。

Mappv

Map3

一度行って、とても気に入った場所なのでまた行きたいと思って選んでみました。
ただ、前回は車で行ったから全然わからず(笑)
人に聞いたり色々ネットで調べたりしてわかった部分も多いので非常に助かりました。
ので、もしたまたまこのブログに検索でたどり着いた方にも何か役に立てればと思うので
載せておきます。

La Speziaから船でPortovenere行こうと思ったんだけど
時間的にちょっと難しいかなと思ったので、La Speziaの駅から徒歩で10分ぐらいの
バス停から「11P」のバスに乗って行きました。
ただの「11」だとPortovenereまで行かないので注意!

Map2

駅にあるインフォメーションに行って聞けば、バス停も丁寧に教えてくれます。
そんなに難しい場所ではないです。

もし船で行くときはこの時刻表を。
http://www.navigazionegolfodeipoeti.it/htm/ita/orari_e_tariffe.php
このページに行くと、なぜかVernazza発の時刻表になっているので、
イルカのマークの下にある青い線のところに「seleziona la partenza」というのがあるので
出発地La Speziaを選んでcercaをクリック。
(チンクエテッレなどの他の場所から、もしくはチンクエテッレ行きの船に乗る場合もここから調べられます。)

バスに乗るときには事前にタバッキとか街角で新聞・雑誌を売っているお店で買ってください。
バス停の近くにもあります。
行き先によって値段が違うようなので、ポルトヴェーネレまでと伝えて買います。
片道1.45ユーロ…だったと思う(笑)ちなみに船だと4ユーロ。
バスの時間はだいたい20分に1本はあります。割と便利かも。
帰りもバスでと考えている人は、バス停の周りの景色をよく覚えておいてください。
イタリアのバスはアナウンスがないので、自分が降りたい近くの場所まで来たら
自分でベルを鳴らさなければなりません。

バスだと約30分でポルトヴェーネレに着きます。終点です。

Imgp1558

カラフルなかわいい家が並んでいます。
この日も快晴!

Imgp1639

Imgp1561

ここで泳いでいる人たちもいます。
下も見えるぐらい海がきれいだし、気持ちよさそう。

Imgp1566

これから断崖絶壁の上に建つ、サンピエトロ教会に向かいます。

Imgp1565

途中、おもしろいものが。人間チェスができるね(笑)

Imgp1586

こんな風景も見えてきます。
歩きながら右の方を見てみますとー

Imgp1585

窓みたいな穴があってのぞいてみると…

Imgp1569

こんな光景が見えます!ここは夏だと海水浴客がもっといます。
前回来たときにはここで泳ぎました!すごくきれいでしょ?

Imgp1570

今回泳いでた人たちを見ると、こんなのをつけて泳いでました。
潜っているひとがここにいる、っていう目印?「SUB」って書いてあったかな。
見ていたら、どうやらタコを捕っていたみたいです。

Imgp1587

階段を登ってやっと着きました!
中に入ってちょっと外に出ると…

Imgp1589

真下は海。すごい場所に建っている教会です。

Imgp1590

歩いてきた方向。

Imgp1595

ここ!大好きな場所です!ここから見る夕焼けは最高にきれい!

Imgp1601 Imgp1602

間だからちらりと見える風景もなかなかです。

Imgp1617

こんなにちかくまでうみねこに接近したのは初めてでした!
にゃぁにゃぁ鳴いてた(笑)

Imgp1621 Imgp1629

街中の風景。

Imgp1632

Imgp1622
Imgp1627
Imgp1642

少しぶらりとして、お昼ごはん。
行こうと思っていたお店Trattoria La marina da Antonioがなぜか閉まってる…
何も書いてないし、もうちょっとしたら開くかなぁ?とまた一周して戻ってきても
誰もいなくて開く気配なし。もしかしたら休みなのかなー…

おなかすいたからもうしょうがない…とそのとなりのとなりぐらいにある
Trattoria da ISEOってとこに入ってみた。
Alice al limone(イワシのレモンマリネ)とMuscoli al vino bianco(ムール貝の白ワイン蒸し)
Calamari fritti(イカのフライ)を頼んだ。
Muscoli al vino bianco!これを食べるのが目的でした(≧∇≦)
ポルトヴェーネレではこのムール貝を養殖してる場所があります。
イタリア語でムール貝はCozze(コッツェ)というんだけど、
ここらの地域ではMuscoli(ムスコリ)って言います。
これが絶品!おさらにいっっぱいだし!
白ワインといただきました。

200909241258000_2

ムール貝のうまみたっぷりのスープにパンを浸して食べます。
りぃだーがこの旅で、いちばんおいしかった!と言ってました。
他のもすごくおいしかったよ。
シンプルなのになんでこんなにおいしいんだろ?
っていう料理がイタリアにはいっぱいある気がする。
ただのサラダにしろ、果物にしろ。たぶん素材がいいんだろうなぁ。

夜までここPortovenereにいようと思っていたんだけど
おみやげでも買って早めに友達の家に帰って、夕飯たべるかーと
お昼を食べた後にここをあとにしました。

Portovenereはこぢんまりした街ですぐにまわれるけど、とてもいいところです。
NHKでいつだったかこの場所を生中継してから、
たぶん少し日本人観光客も増えてきたのではないかなと思いますが
まだまだ少ないと思います。
途中駅にあるピサの斜塔もいいけど、あたしはこっちのほうがおすすめかも(笑)

帰りもバス。
バスの時間は最初に写真に撮っておいたから大丈夫だったんだけど
船で帰るかもと思ってて帰りのチケットを買ってなかったので、
チケットがありそうなお店にいく。
すると、インフォメーションに行けばいいと言われる。
途中でタバッキがあったので買えるだろうと行ってみたら
バス乗り場のところに自動販売機があるからそこで買え、と言われる…
やべー、時間がなくなってきた…チケットの自販機が見あたらない。
バス乗り場まで急ぐと、もう出発しようとしてる。
「チケットをここらへんで買えって言われたんだけど、どこにあるの??」
と、バスの運転手に慌てて聞くと、
「待っててあげるからこの裏にある自販機で買っておいで!」って言われて
走って買いに行ってセーフ。親切なひとでよかったぁ。

帰りのバスの中、またまた高校生が大騒ぎ。ほんっっとにうるさい!
大人もあまり注意しないんだよね…
ケータイは大声で話すし着信音もでかい音量だし(これは大人もw つか、何年も変わらない)
ここは教室じゃないんだからよーーー!!!と頭の中では思ってたけど
外国人である自分はなんだか言えない。
バスの中で何かを見つけてはすぐにネタにして、悪口言ったり騒いだり。
するとケータイのスピーカーで大きな音を出して音楽を聞きだした男の子が。
なかなかやめなくてイライラしてると、りぃだーが耐えかねたらしく
「うるせーよ!!!」と直接怒鳴る。
ポカーンとしてあたしの方を見て、「…音を下げればいいの?」と聞いてきたから
「そう」とだけ言った。
そしたらやめたけど、騒ぐのは相変わらず。
あたしが最初に運転手とイタリア語で話していたのを見て、
イタリア語がわかると知ってたからだと思うけど、あたしたちの悪口は一言も言ってなかった。
これでわかってないと思ってたら、きっとあたしたちの悪口大会になってたんだろう(笑)
郷に入っては郷に従え、だけどこれってどうなんだろうw
だまって我慢するしかないのか、なにか言うべきなのか。
日本でも注意できない大人がいるから、悪いことがわからない子供も多いわけで。
イタリアの大人が注意しないのならしないほうがいいのか。
おじゃましてるうちらが怒ってもいいものか。
わっかりませーん。

さて、行きのバス停にちかい景色になってきたのでそこで降りました。
向かいには乗ってきたバス停が。合ってた。良かった。
不安な人はLa Speziaの駅にちかいところで降りたい、と言っておけば
教えてくれる。はず(笑)たまに言っておいても忘れちゃう運転手いるんだよねw

チンクエテッレはLa Speziaから電車でそんなにかからないから
ほんとはチンクエテッレも行こうと思っていたのだけど、
やはりまだあまり歩かない方がいいかなということでやめて、
18:30ぐらいにフィレンツェに着く電車に乗った。

が…(続く)

|

« 23日フィレンツェ | トップページ | 24日番外編 »

コメント

o(*^▽^*)o私がイタリアへ遊びに行った時はもう15年位前だから(*´v゚*)ゞ
でも似たような経験したことあるよ。
一人でミラノに遊びに行って、帰りはバスに乗って
帰りたいと冒険心丸出しでのってみた。
乗るバスだけちゃんと確認して思いっきり日本語で
”これ、Biassono行く?"って聞いたの。w
”はあ~ん??”って言われて”Biassono!”ってもう一度言ったら”Si,Si”って言うからさ
安心してのったんだよね。日本みたいに親切に
"次の停留所は・・・"なんていわないじゃん?
(そんなの日本だけだよね)絶対寝たらだめだ。
周りを見て自分の降りるところを確認しなきゃって
がんばればがんばるほど眠くなる。(笑)
で、ちょっとだけうとうとしてしまった訳。
はっ!って気がついたときは5分くらい寝てしまったのか20分くらい寝てしまったのか分からなくて
”しまった~!”焦ったね~。あの時は。
でもBiassonoなんて小さな町で降りたいって言うジャポネーゼは私くらいだったのでw運転手さんが
ちゃんとおろしてくれました。いい思い出。

投稿: Tucci | 2009/10/04 05:20

へぇえー、Biassonoってはじめて聞いたから調べてみたら
モンツァなんだね。あっちの方は行ったことないから行ってみたい!
つぅか、もちろん行ったことないところだらけなんだけど。

バスは眠くなるからねー(笑)
親切な運転手さんでよかったねぇ^^
バスのアナウンスするのってやっぱ日本ぐらいなのかしら?

投稿: nj-jun | 2009/10/04 22:44

イタリアはいい思い出ばっかりなんだよね。
Monzaはあまり見るところとかないみたいで
公園に連れて行ってもらったり、毎晩ジェラート食べて
午後はもちろんシエスタで・・・(笑)
週末だけ観光地に連れて行ってもらったの。
でも観光地もいいけどイタリアの普通の家庭で食べる
お昼ごはんと言葉が分からないのに通じ合える心だけで
満足の旅行だったよ。
バスのアナウンスはフランスもしてないし、アメリカも
してないし・・・電車のアナウンスも日本くらいじゃない??前回日本に帰った時いろんなアナウンスがうるさくてね。あれを全部なくしたらどのくらいの
省エネになると思う?;)

投稿: Tucci | 2009/10/05 05:34

Monzaは音楽祭とかあるので名前を聞いたことがある。
でもさ、観光地じゃなくてもゆっくりのんびりできていいよね。
あたしもそういうのが好きなんだぁ♪
観光地は人がいっぱいで疲れちゃうところもあるからさw
イタリアは最初に行ったときにいい思い出ができると
ずっと好きになれる国だよねって誰かが言ってた。
最初に行ったときにひったくりとかに遭った人はやっぱり二度と行かないって思うもんね(どこだってそうかもしれないけど…)
あー、また長期で行きたいなー。仕事探すか(ムリw)
でも今回やっぱりせっかく覚えたものを普段活かせてないのはもったいないなぁって思った。
2年行ったぐらいの語学力じゃ中途半端だし、もうちょっと勉強するかな…
政治の話とかになると単語わからなくてわけわかんないし(笑)
そうかー、バスアナウンスは日本だけなのか。
省エネ(爆)まぁそうね、全部なくしたらすごいわ(# ゚Д゚)

投稿: nj-jun | 2009/10/05 23:38

ムール貝美味しそう

イタリア料理 美味しいですね

投稿: ryuji_s1 | 2009/10/12 11:44

ほんとにおいしいものいっぱいありますよね^^
ムール貝は日本でも食べようと思えば食べられるけれど、
冷凍で、ちょっとしょっぱかったりしますもんね。

投稿: nj-jun | 2009/10/12 16:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504314/31627517

この記事へのトラックバック一覧です: 24日ポルトヴェーネレ:

« 23日フィレンツェ | トップページ | 24日番外編 »